sponsord link
【在宅ビジネス人気NO1】
最新のノウハウであなたをサポート!
初心者でも安心!初心者専用サポート
窓口完備!
無料PC活動研修会あり、独自のシステムとノウハウを公開。
堅実在宅ビジネスはコチラ

http://sbm.her.jp/af/asu.html

【利回り生活の実現!楽しみを待つ人生】
利回り生活の実現!楽しみを持つ人生!
会員平均投資金額100万円・年率24%〜30%の高い運用実績を誇る株式会社HRトラストの独自ノウハウを一挙公開!
株式会社HRトラスト


★100%稼げる全人類平等入金システムで毎日14720円稼ぐ方法★

ついに公開!!今だけ2970円
もう、稼げないビジネスに
貴重な時間を費やすのはやめませんか?
この全人類平等入金システムを使えば
誰がやっても100%稼げてしまうのです。
それでもあなたはまだ始めませんか?

http://www.info-style.co.jp/ai.php?operate=1203533136&im=1204168857
専門家のご紹介



CATEGORIES
PR
【資産運用のパイオニア、パシフィック・インベストメント】
様々な資産運用を提案する投資顧問会社です。
初めて資産運用をされる方にとって、多くの情報収集は必須です!投資顧問会社がどういうものか、覗いてみる価値アリです!

非公開投資情報満載。資料請求数量限定受付中


【三国セミナー】
海外不動産投資をご検討中の方は必見!
海外投資に興味はあるが、具体的方法が分からない方も!
  わかり易さバグツンの海外投資の指南書です。

【定評のあるベトナム投資情報】
人気のカリスマ投資家が直接発信する投資情報!
本当に儲けた人による中身のギュッと詰まった内容には定評があります。
「顔の見える投資情報」なので安心です!!


【ベトナムセミナー】
あなたはご存知ですか?今、ベトナムが50年前の日本、10年前の中国と同じ状況であるということを・・・
このセミナー(有料)でベトナムの今がわかります!↓↓
【証券と不動産。ダブルで儲けるベトナム投資】


【タイ株投資】
東南アジアの中でもタイは、ベトナムとともに経済成長のポテンシャルが高い有望市場です。
他の新興国市場と比較すると、タイの証券市場のPER(株価収益率) はまだ低く、まだ株価の過熱感は薄いのが現状です。
配当利回りの高い銘柄も多く、タイの証券市場は投資先としてとても魅力的です。
チャンスを掴むなら今です!

【タイの投資情報】
タイ株の上場企業476社をわずか3時間で理解できる音声ファイルの提供がオススメです。メルマガ発行も有り、情報収集中の方は必見です!!コチラから↓↓
タイ株プレミアム会員(月刊)

VISTA株を徹底研究―BRICsの次にくるVISTA株

ポストBRICsの最有力候補VISTA株を徹底研究!

☆★在宅ワーク村★☆   カンタン副業で月10万円   ユビキタス投資情報
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています





詳しい情報を知りたい方はこちら(「外国株」へ)→ブログランキング


<<new | 1 / 1pages | old>>
| - | | - | - |- pookmark
VISTA株を徹底研究!〜南アフリカ共和国〜
ワールドカップがいよいよはじまりましたね!
南アフリカ、カッコよかったな!

南アフリカ共和国
といえば、金・プラチナの世界屈指の産出国であることは有名ですが、

実は、これらの金属ばかりでなく、希少金属(レアメタル)も高い世界シェアを誇っています拍手

この希少金属(レアメタル)の代表的なものとして、「ニッケル」「クロム」「タングステン」「コバルト」「モリブデン」「マンガン」「バナジウム」という資源があげられます。

例えば、

バナジウム・モリブデンは、

工場の排ガスから有害物質を回収する触媒として利用されたり、

化学ゴムを製造する際の添加剤などの工業用に幅広く利用されています。


クロムは、

耐食性があることから「めっき」の添加剤として利用されています。
また、鉄に混ぜることで、錆が生じにくいステンレスが作られ、自動車産業用機械・流し台などに使われています。


このように、

希少金属(レアメタル)は、現代産業に必要不可欠な資源なのです


この内、

バナジウム・クロム・マンガンは、2006年の生産量及び推定

埋蔵量において、南アフリカが世界1位となっているそうです!!


VISTA株の1つ、南アフリカ共和国のポテンシャルは侮れませんね!お金






詳しい情報を知りたい方はこちら(「外国株」へ)→ブログランキング


<<new |  / pages | old>>
| VISTA株 | 08:10 | comments(0) | trackbacks(1) |- pookmark
ベトナムのインフラ計画(高速道路)
今日の日経新聞にベトナムの高速道路計画が載っていました。車

北の「ハノイ」と南の「ホーチミン」を東部の沿岸部ぞいで結ぶ計画のようです。

記事では、その一部区間のプロジェクトに伊藤忠商事など日本企業が参加するという
内容でした。

伊藤忠商事は2006年にアルジェリアの高速道路計画を受注した実績もあり、日本の
技術力の高さで、今回も受注につながるかもしれませんね。

いずれにしても、今ベトナムでは急ピッチでインフラ整備が進んでいるようです
当然、それに関わる産業の発展も期待できそうです。

続きを読む >>




詳しい情報を知りたい方はこちら(「外国株」へ)→ブログランキング


<<new |  / pages | old>>
| VISTA株 | 09:28 | comments(0) | trackbacks(0) |- pookmark
VISTA株の「V」〜ベトナム研究〜
 ポストBRICsとして注目されているのがベトナムですが、その注目されている理由は、
 1.安価な人件費お金 

2.優秀な労働力 ジョギング

 です。

これらを背景として、世界の大手企業が続々とベトナムに生産工場を設立しています工具

 これまでは、中国に生産工場を設立することが多かったのですが、今では人件費が高騰してしまったため、世界の大手企業が中国に生産工場を設立することは少なくなりました。

かわって、中国の半分〜5分の1程度の人件費で労働力を提供できるベトナムに注目が集まったのです見る

 その典型例として、半導体世界最大手のインテルがあげられます。

 2006年に約700億円を投じてベトナム最大の商業都市であるホーチミン市に工場を設立する計画を発表し、その後、さらに約450億円の追加投資を決定しています。

 これらの投資が実行されれば、このベトナム工場が、インテルの半導体組み立て工場として世界最大となります。

 日本企業においても、半導体関連企業の日本電産などがベトナムへの設備投資を決定しています。

 世界の大企業が今、ベトナムに注目しているのですから、その経済成長が見込まれるのは当然のことと言えるでしょう上向き





詳しい情報を知りたい方はこちら(「外国株」へ)→ブログランキング


<<new |  / pages | old>>
| VISTA株 | 13:02 | comments(0) | trackbacks(1) |- pookmark
VISTA株を徹底研究!!/VISTA株の「V」〜ベトナム〜
本日は、WTOと経済成長について書きます。

まず、ウィキペディアよりWTOとは?

なぜ、WTOについて書いたか

それは

WTOの加盟とその後の経済成長が大きな関連性があることが多いからです見る

思い起こしていただきたいのが5年前の中国株ですひらめき

中国がWTO加盟を正式承認されたのが2001年11月です。

そして、中国株を代表する株価指数であるH株指数は、2001年11月には1,800ポイント程度だったのですが、2007年には10,000ポイントまで上昇しました。

つまり、中国株をWTO加盟後に購入して5年間ずっと持ち続けていれば、平均して約6倍に上昇している計算になるわけです!!

これは、WTOに加盟することで主要先進国との貿易活動が活発となり、大きな経済発展を遂げた好事例です。

ベトナムは2006年末にWTO加盟を正式承認されました。

仮に、ベトナムが中国と同じ発展をたどるとすれば、WTO加盟が決定した今、ベトナム株を買っておくことは、とても将来の優良資産を手にすることになるといえるかもしれません楽しい

しかも、ベトナム株の場合、多くの国営企業が民営化されていっており、IPOが活発です。

携帯電話最大手の会社や生命保険最大手など、中国株の場合でも、上場当時からずっと保有していれば何倍にもなった銘柄はこれからIPOを行うところのようです。

ベトナム株には5年前や10年前の中国株の魅力があるといえそうですぴかぴか





詳しい情報を知りたい方はこちら(「外国株」へ)→ブログランキング


<<new |  / pages | old>>
| VISTA株 | 12:08 | comments(0) | trackbacks(2) |- pookmark
VITA株の「T」〜トルコ〜
今日はトルコについてです。

フォルティス・インベストメンツ・ジャパンの仮家基之氏(営業部長)によると、

1990年代のトルコは超インフレ国で、

通貨の価値はほとんどなく、株式市場への資金の出入りが頻繁で、

長期的な投資に向く市場ではなかったそうですしょんぼり

ところが、最近の5年ではEU加盟交渉開始といったサポートもあり、国際的な企業がトルコに進出した結果、株式市場も安定的に上昇してきました。

トルコの投資先としての優位性は、

1.若い人口構成赤ちゃん
2.BRICs諸国に並ぶ高成長上向き
3.EU加盟交渉の開始(2005年10月から)祝

があげられます。

また、トルコの人口は現在、約7,000万人ですが、2015年には8,000万人強のドイツを抜き、EUで最も人口が多い国となる見込みです拍手

日本は高齢化で60歳以上の構成比率が高まっていますが、

インド中国、トルコでは若い人の人口比率が高く、トルコでは15歳〜59歳の就労人口が全体の約6割を占めています。

この人口構成も将来性が見込まれる投資先を決める上で、重要な判断材料といえそうです。







詳しい情報を知りたい方はこちら(「外国株」へ)→ブログランキング


<<new |  / pages | old>>
| VISTA株 | 22:42 | comments(0) | trackbacks(1) |- pookmark
ベトナム研究
VISTA株の1つ、ベトナムについて調べました。

一般的データとしては、人口が約8,500万人で、
2004年から2006年の過去3年間の実質GDP成長率は
7.8%→8.4%→8.2%ということでした。

個人的にベトナムは「BRICsの次」として、以前から注目し
ていましたひらめき

なぜなら、仕事でベトナムに行く機会がありジョギング
その経済成長しようとする国の「独特な熱気」を肌で感じて
いたからです。


南部の中心都市ホーチミンでさえ、少し奥まったところに入
ると道路はアスファルト舗装されていない状態で、まだまだ
インフラは未整備な一方で、町の至るところで、古い家屋の
取り壊しがされていたことが印象的でした。

ちなみに、ベトナムは歴史的な背景から北部にある首都ハノイ
よりも南部のホーチミンの方が経済活動は活発です。

証券会社の投資信託販売資料などをみても、やはり将来のイ
ンフラ整備需要が経済成長を加速させるという記載も見られ
ました。

あと、私が行ってみて感じたのは、ベトナム人は非常に日本
人と似ていて、勤勉だということです。

いわゆる「カイゼン」活動を素直に受け入れることのできる
性質のようです。

しかも労働コストが今では中国の海岸部よりはるかに安い
ことも考慮すると、やはり見逃せない存在であると思います。




詳しい情報を知りたい方はこちら(「外国株」へ)→ブログランキング


<<new |  / pages | old>>
| VISTA株 | 23:53 | comments(1) | trackbacks(0) |- pookmark
VISTA株を徹底研究!!/VISTA株の「A」〜アルゼンチン〜
最後のVISTA株の1つ、アルゼンチンについて調べました。

まず一般的データとしては、人口が3800万人、
2004年から2006年の過去3年間の実質GDP成長率が
9.0%→9.2%→8.5%ということでした。

個人的には正直信じられませんでしたびっくり

単純に成長率だけをみると、VISTA株の中でもっとも高い成長率であり、
BRICs諸国にまったくひけをとっていません。


アルゼンチンといえばデフォルトした国というマイナスイメ
ージしかもっていなかったため、非常に驚きました。

しかし、調べていくと、2001年に政府が対外債務の支払停止を宣言し
経済危機に陥った後、

IMFの指導のもと為替制度の変更などを実施した結果、
「ペソ安ドル高」を背景とした輸出が好調に推移し、
2003年以降、景気は回復基調に転じていたようです
イケテル

また、隣国ブラジルの経済成長も追い風となり、ここ数年の
高いGDP成長率に繋がったようです。


ただ、アルゼンチンについては入手できる情報が非常に限定的でした悲しい

訪れたこともないので、未だに信じられないというのが実感です。





詳しい情報を知りたい方はこちら(「外国株」へ)→ブログランキング


<<new |  / pages | old>>
| VISTA株 | 23:44 | comments(0) | trackbacks(1) |- pookmark
VISTA株を徹底研究!!/VISTA株の「S」〜南アフリカ共和国〜
本日はVISTA株の1つ、南アフリカ共和国について調べました


一般データとしては、人口が4500万人で、
2004年から2006年の過去3年間の実質GDP成長率は
4.8%→5.1%→5.0%ということでした。

南アフリカ共和国については、もちろん、

次回のサッカーワールドカップ開催地サッカーボール

であることもありますが、

FXランド

でなじみのある方も多いのではないでしょうか。

また、あまり知られていませんが、南アフリカ共和国は日本
向けの自動車輸出第2位の自動車輸出国(2003年度)自動車

メルセデス・ベンツCクラスやBMW3シリーズなどの右ハンド
ル市場向けの自動車は、すべて南アフリカ共和国で生産工具され
ています。

それ以外にも、

世界第15位の規模を誇るヨハネスブルク証券取引所を有し、
銀行業は世界10位に入る高い評価を受けています。






詳しい情報を知りたい方はこちら(「外国株」へ)→ブログランキング


<<new |  / pages | old>>
| VISTA株 | 23:12 | comments(0) | trackbacks(0) |- pookmark
VISTA株を徹底研究!!/VISTA株の「T」〜トルコ〜
本日はVISTA株の1つ、トルコについて調べました。

一般データとしては、人口が7200万人で、
2004年から2006年の過去3年間の実質GDP成長率は
8.9%→7.4%→6.1%ということでした。

トルコ共和国(通称トルコ)は
西アジアのアナトリア半島(小アジア)と
東ヨーロッパのバルカン半島東端の東トラキア地方を領有する、
アジアとヨーロッパの2つの州にまたがる共和国です。

歴史的にも欧州・中東・アジア貿易の中継基地とし
て栄えてきたのは、みなさんご存知の通りです。

近年では、中東から欧州への天然ガス供給の中継基地として
重要な場所に位置し、中東からのパイプライン大部分がトル
コ経由となっています。

今後もトルコ経由のパイプライン増設が予定され、
トルコはギリシャ・イタリアを中心に欧州諸国
向け最大のガス供給国
となることが見込まれています拍手

また、トルコは2005年EU加盟交渉を開始したことをきっかけに、
EU加盟国中ドイツに次ぐ人口を誇るトルコ市場への新規参入、
低廉な労働力の活用を目的とした欧州大手自動車メーカー
の国内投資が活発になり、
国内の大手財閥との合弁事業を柱とした重工業の開発が急拡大上向き

やはり、同国も「BRICsの次」として有力な存在と言えそうです。





詳しい情報を知りたい方はこちら(「外国株」へ)→ブログランキング


<<new |  / pages | old>>
| VISTA株 | 21:48 | comments(0) | trackbacks(0) |- pookmark
VISTA株を徹底研究!!/VISTA株の「I」〜インドネシア〜
本日はVISTA株の1つ、インドネシアについて調べました楽しい

一般的データとしては人口が2億2200万人で、
2004年から2006年の過去3年間の実質GDP成長率は
5.0%→5.7%→5.5%ということでした。

私が調べて驚いたのは、インドネシアの人口が

中国・インド・米国についで世界第4位

だという点です。

どこにそんなに住んでいるのかびっくり
という感じがしますが、

これがVISTA株の1つとして注目される理由なのだろうと思いました。

最近、よく日本の少子化が問題視されるように、

国の経済成長と人口は、相関関係があるそうです。

また、インドネシアは天然ガスなどの豊富な資源を有する国で
ここ数年の原油高騰が国力の増大に大きく寄与したといわれています。

今後について注目されるのは、やはりASEAN諸国との域内貿易
の発展でしょう。

先日のベトナムとあわせて、一足先に経済発展を遂げている
タイ・マレーシアなどとの連携が今のようにスムーズにいけば

インドネシアもやはり

「BRICsの次」

となれる注目すべき存在だと感じました。




詳しい情報を知りたい方はこちら(「外国株」へ)→ブログランキング


<<new |  / pages | old>>
| VISTA株 | 22:57 | comments(0) | trackbacks(0) |- pookmark



Google


無料ゲーム集
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
オススメサイト
シティバンク香港支店口座開設

オフショア口座の開設事務をサポート!
オルタナティブ投資も行っている会社で、無料のメルマガ配信もあるので、情報収集に役立ちます!

海外オフショア投資の秘訣を大公開!
LINKS
PROFILE
SELECTED ENTRIES
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
OTHERS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES